ウーマン

タレント事務所のオーディションを受けてキッズモデルになる

子どもの向き不向き

女の子

キッズモデルをする多くの子どもたちには、共通する特徴があります。性格や体格などから、キッズモデルに向いているかどうかを判断してみても良いでしょう。まずは向き不向きから考えてみましょう。

詳細

キャスト選びは重要

4人の男性

番組を構成するキャスト選びは、番組を面白くするためにも重要です。キャスティングを適切に行なうなら、専門のキャスティング業者を利用すると良いでしょう。番組の方向性はキャストで変わります。

詳細

事務所へエントリー

スタジオ

キッズモデルの仕事は、雑誌などでキッズ向けファッションブランドの衣装を着て写ったり、服やおもちゃのTVのCMなどに出たりなどが主です。子役と異なる点は、映画やドラマなどでの演技をしないことです。キッズモデルになるためには、タレント事務所へエントリーし、オーディションを受けることが必要になります。オーディションを受けて合格すれば、タレント事務所へ在籍するキッズモデルになれます。タレント事務所への在籍には、在籍するための費用負担が必要になります。価格は事務所により異なり、1万円程度のところもあれば、20万円など高額な費用負担が必要になることもあります。募集要項や契約内容などを確認して、検討してみると良いでしょう。キッズモデルになりたいという子どものサポートをしたいのであれば、年間にかかる費用などを考えておくと良いでしょう。途中で学校が楽しくなって、モデルの仕事を辞めてしまう子もいます。キッズモデルの道を選ぶ前に、本人の意思を確認しておきましょう。無理に続けさせるのは、ストレスにもなります。また仕事に集中ができないので、良い影響はないでしょう。本人が楽しんで続けられるかを重視して検討しましょう。キッズモデルのオーディション要項や、事務所の実績などを確認して、オーディションを受けてみてはいかがでしょうか。実績から事務所を選ぶなら、厚生労働省の認可を受け、日本モデルエージェンシーの加盟店になっている事務所を選ぶと良いでしょう。

歌手になる道

男性

ボーカルデビューを目指すなら、チャンスを待つのではなく、自分から行動することで確実に見つけてもらいましょう。ボーカルオーディションを攻略するならレッスンを受けて技術を向上させてから挑むと良いでしょう。

詳細