レディー

タレント事務所のオーディションを受けてキッズモデルになる

子どもの向き不向き

女の子

キッズモデルに向いている子ども、向いていない子どもがいます。キッズモデルを目指させたい場合、まずは子どもの向き不向きを把握して、子どもに無理をさせないようにしましょう。子どもの意思を尊重してあげることが重要です。まずキッズモデル向きの子どもの特徴としては、年齢の割に小柄な子が多い傾向にあります。年齢の割に小柄な子は落ち着いた子が多いそうです。そのため、大人の指導を聞いて理解するキッズモデルに向いているとされています。キッズモデル向きの性格的な特徴としては、人見知りをしないことです。多くの大人や、ほかの子役がいるところで撮影を行なうので、物怖じせず対応できるかが重要になります。スタッフや一緒に写真に写る大人は毎回同じではないので、知らない大人に毎回怯えてしまうようでは仕事になりません。次に素直であることも重要です。撮影現場では、ポーズ、表情の指示が入ります。その指示に従うことができる理解力も必要なのです。それに、指示の中には、仕事だけではなく危険を回避するための指示もあります。カメラや機材など、倒れると危険なものもある撮影現場では、大人の指示に従ってリスクを回避することも重要です。次に、向いている子どものタイプとしては挨拶ができることが重要視されます。挨拶はコミュニケーションの基本ですから、とっさに出来るように教えておくようにしましょう。キッズモデルだけでなく、挨拶とコミュニケーションの教育は子どもが成長していくためや、将来のコミュニケーションスキルとしても重要です。