レディー

タレント事務所のオーディションを受けてキッズモデルになる

歌手になる道

男性

やり手プロデューサーが、偶然に自分が路上で歌っている道を通りかかる。そんな奇跡的なチャンスは、そう簡単に転がってくることはありません。本気でボーカルを目指すなら、一番確実に目に留めてもらえる方法を選びましょう。ボーカルオーディションを受けることで、確実にプロデューサーや、レコード会社の担当に見てもらうことができます。つてを探すなら、ボーカルオーディションの方が路上で歌うよりも、動画をアップするよりも確実です。もしボーカルオーディションに落ちたとしても、得るものも多くあります。まず、ボーカルオーディションを受けたことで、売れるか、人気が出るかを考えたときに業界の人から見た自分の評価を把握することができるでしょう。伸びしろや光るものを見つけた場合は、次のチャンスにつながるケースも多くあります。目に見えてチャンスがなければ、不足があることがわかるでしょう。審査をクリアするためにレッスンなどを受けるのも良いでしょう。ボイスレッスンや、アピールのレッスンなど、審査を通ることができなかったポイントを把握し、重点的に学ぶことができます。レッスンで、安定した歌唱力やどのイメージの曲でも歌えるようにすると審査の攻略が容易になるでしょう。プロデューサーも自己表現できる万能なボーカルを探しているので、万能性を高くすることがオーディションの最短攻略の道です。マルチに歌いこなせる歌唱力を鍛えて、オーディションを攻略し、メジャーデビューを目指すと良いでしょう。